古布から始まる新しい出会い

 先日、憧れのHami先生のお宅へお伺いいたしました。
そこはまるで別世界・・・。
ノスタルジックな雰囲気に、包まれてとっても懐かしい、居心地の良い空間。
 Hami先生の作品には先生の暮らし方、いえっ、生き方そのものが映し出されているような気がする。
着るもの、食べるもの、飾るもの・・・。それらが暖かい手の中で紡ぎ出されて、袖を通す人を魅了し、素敵に演出してくれる。不思議な優しい作品。それは、古布をこよなく愛し、暮らしを心から楽しんでおられる先生だからこそ成し得る技。



古布ポーチを作成する講座を受講して・・・。
すっかりHami先生のとりこに、古布のとりこに。
Hamiワールドにハマってしまった、女子3人。
先生のお言葉に甘え、C先生、Yさまとでおじゃまいたしました。024.gif
a0294282_23152382.jpg

先生のセンスあふれる設え。
大正?昭和初期?に、タイムスリップしてしまったような感覚に。↑↑

a0294282_0161993.jpg

階段の踊り場に、昔の背負子(しょいこ)と、徳利。野アケビの演出。↑↑
ここを上へ上がると・・・。
先生のアトリエ兼衣裳部屋に案内され、唖然!!!茫然!!!
斬新で個性的な布使いに、驚きの連続。
a0294282_23271622.jpg

使い込まれた縞の藍染に、遊び心を加えている。型染の袖口がおしゃれなコート。↑↑ 
a0294282_2332244.jpg

ほらっ、見てっ!!!
古銭のボタン。銭形平次の世界、寛永通宝だ~。刺し子でいっぱい。↑↑
a0294282_23362565.jpg

これっ、油単(ゆたん)のワンピース!!! 油単 → 本来、桐箪笥の日よけ。(驚)↑↑
C先生、とってもお似合いい。
a0294282_23463273.jpg

やっぱり藍染のお洋服には、この手提げが合いますね。Gパンにもマッチしてる。↑↑

すっかり、我を忘れファッションショーを繰り広げている3人。
お次は、先生手作りのランチタイム。
a0294282_23525935.jpg

粋な大福帳のテーブルクロスに、食前の冷たい甘酒。ゆずの風味で、さっぱりと。↑↑
a0294282_23561385.jpg

Hami先生こだわりの食材で彩られた、超豪華なワンプレートランチ。↑↑
どれも、これも素材のお味を最大限に引き出した、ホッとする懐かしいお味。
食べてしまうのがもったいない。この他に、ニンジン葉のかき揚げもあったのです。

お次は、場所を変えてお茶タイム。
Hami先生のお気に入りの無上帑(むじょうどう)さんへ。
a0294282_053866.jpg

ここは現代なのでしょうか?↑↑
a0294282_071437.jpg

ご飯を炊く釜戸↑↑
a0294282_082331.jpg

沖縄のやちむん窯の器でいただく、コーヒーにマカロン。
a0294282_011079.jpg

蹲踞(つくばい)の横に、ずっと動かないカニ発見(笑)↑↑

 
 今日は、夢心地な一日だったなぁ。
見るもの、食べるもの触れるもの、全てが新鮮で・・・。
まるで命の洗濯をしたような日だった。
 
 ボーっと余韻に浸る。
 
 先生の内からなる魅力と、外からなる魅力。
やはり、先生は努力や手間を惜しまない。
時間を十分かけ、構想を温めてから作品作りに入る。
急がない、焦らない、妥協しない。
その優しさに包まれた強い信念こそが、先生そのものであり、
作品でもあるかのように感じた。

何だか、Hami先生の影響で何か作りたくなってきた~ッ。そう、丁寧な何か。

Hami先生、
 お忙しい中、貴重なお時間を作って下さりありがとうございました。
また、心温まるおもてなしの数々。おいしいランチ。本当に感謝いたします。
 
一歩ずつ、年齢を重ねながらHami先生のような心の素敵な女性になりたいです♪

by kidmayu | 2012-11-25 01:33 | 手芸
<< 鎌倉歐林洞のパウンドケーキ つげの櫛 >>