玉露

京都宇治 小山園(まるきゅう)さんの玉露(紫雲)

毎朝家事がひと段落してホットする時、
ゆっくり冷ましたお湯で玉露を入れるのが至福のひと時。

宇治・・・。といえば、平等院、源氏物語、宇治茶ってくらい超有名な宇治のお茶。
玉露の美味しさを覚えてしまった昨今、小山園さんの玉露のファンに。
a0294282_23193828.jpg

心をこめて美味しく入れる。
甘いお味。黄金色に輝くお色。う~ん最高!
でもね、静岡県人のNOKOの周りの人々は、
この美味しさをなかなか分かってくれません007.gif007.gif

色が薄い。茶碗が小さい。物足りない。渋みがない。
あーだ、こーだいって、地元で購入したお茶を、こよなく愛し、濃~く、渋~く入れてガブガブ飲む。
それはそれでイイんだけどね・・・。

お茶の種類がそもそも違うんだけどなぁ~。なんと嘆かわしィ。
きっといつか、この美味しさをわかってほしい今日この頃なのでした。

☆☆玉露の豆知識☆☆
玉露は、覆いをして日光を当てずに栽培をするため、苦味の成分を最小に抑えて、旨味成分であるアミノ酸類が豊富に含まれているそうです。言うまでもなく、玉露を作る際には手間がかかるので、それなりに値段はしますが、やはり味は最高級品と言えるでしょう。→と、書いてありました。ひとえに玉露といいますが、玉露にもたくさんランクがあります。

a0294282_2337916.jpg

今年2月の京都。東寺、五重塔。
雪がちらつき寒かったな。山間部の宇治へは雪の為いけませんでした。残念。
平等院の改修工事が始まる前に行きたかったな・・・。
by kidmayu | 2012-11-13 23:43 | おいしいもの
<< ジョニー 秋のピクニック >>